誰でも簡単に始められる、おすすめ電子楽器3選

定番のピアノ(電子ピアノ)

ピアノ(生ピアノ)とは、古くから騒音の代名詞といわれてきました。その一方で電子ピアノはどの商品も最初からイヤホンを使って、完全に音を消した状態で演奏をすることが可能です。そして集合住宅居住者が多い現代日本では、むしろそのスタイルが基本となっています。音に関しても、本物のピアノの音をサンプリングしているため、ある程度の値段がするものであれば音もかなり本物のピアノに近いものを手に入れることがあります。さらに大半の商品には電子メトロノームや録音機能がついていますので、生ピアノよりも便利な楽器ともいえます。相場としては、1万円程度の安物だとさすがに良い音のものは手に入れる事は難しいものの、現在では3万円から5万円あれば、ある程度良いものを手に入れられます。

低コストな「エレキギター(エレクトリックギター)」

生のギター(アコースティックギター)とは、ピアノ同様に周囲の家や部屋からすると大変迷惑になる場合があります。ただし、逆にエレキギター(エレクトリックギター)はギターとアンプをつなぎ、イヤホンを使うことで無音で演奏することが可能です。また、電子ピアノの鍵盤を押して流れる音は生の音を録音したものが流れるだけで偽ピアノともいえますが、エレキギターは本物のギターを使って演奏するのが特徴です。こちらの購入コストは電子ピアノより安く、初心者向けの商品であれば1万円前後で十分買うことができます。

弾けたら特に格好いい「電子バイオリン」

電子ピアノやエレキギターと比べるとマイナーながら、美しい音色の楽器のため、一部では大人気。そして、うまく弾けた時の格好良さはピアノやギター以上ともいえるので、チャレンジしてみる価値のある楽器です。5万円以内で手に入るものが増えています。

サックスは、木管楽器の一つでリードで音を出します。吹く音程によって、ソプラノ、アルト、テナー、バリトンとあります。楽器の大きさが大きくなるにつれ、低い音程が出せるものになります。