コードレスヘッドホンを使っていて音が聞こえない場合

音声の出力先設定を確認しよう

パソコン用のコードレスヘッドホンを利用したとき、なぜかまったく音が聞こえないというケースがしばしばあります。こういったとき、どこを確認すればいいでしょうか。

まず疑われるのは、パソコンの音声出力設定に問題があるというケースです。接続されている機器の数だけ音声出力先も存在します。そのため、出力先がスピーカーになっていると、ヘッドホンには音が流れてこないので聞こえないということになってしまうわけです。なので、音声出力先がコードレスヘッドホンになっているか、きちんと確認し、別の出力先が指定されていた場合は切り替えるようにしましょう。

次にヘッドホンのバッテリーに問題があるケースが考えられます。コードレスヘッドホンは、必ずヘッドホンにバッテリーが入っているので、定期的に充電しなければなりません。

送信機器から距離が離れすぎていると電波が届かない

パソコンに取りつけた送信機器とヘッドホンの位置が離れすぎているというのもよくあるケースです。コードレスヘッドホンの性能表には、どれぐらい離れた位置で聴けるのか目安が載っていますが、それは送信機器とヘッドホンの間にまったく障害物がない場合の数値です。物理的な間隔は近くても、壁などの障害物を隔てていると音が届く距離は短くなるので注意しなければなりません。

音源が初めて再生するものであれば、ヘッドホンの問題ではなく、再生に必要なコーデックがパソコンにインストールされていないという可能性もあります。今までちゃんと聴けた音声も再生してみて、問題を切り分けると原因をつかみやすいです。

オーディオの買取とは不要になったオーディオ機器を買い取ってくれるサービスです。オーディオ専門店や中古を扱うお店でやっています。