万人受けする傾向の沖縄土産とはどんなものか?

一番万人受けするのはサーターアンダギー

沖縄とは多数の食べ物関連の定番土産がありますが、中には原材料のクセが強くて貰ったほうが困ってしまうものもあるといわれます。そんな中において、一番クセがなくて万人受けする商品といわれるのがサーターアンダギーです。こちらの商品は小麦粉・卵・ベーキングパウダーというわずか4つの原料で作られたシンプルな揚げ菓子で、形は違うもののリングドーナツと原材料は変わりません。特にクセの強い原材料は使用されていないほか、この商品に近いオールドファッションドーナツは国民の間で非常に人気が強いため迷った場合はこの商品がおすすめです。

沖縄風クッキーも人気

サーターアンダギーと並んで人気があるのが、小麦粉・ラード(豚脂)と沖縄の黒糖で作られた焼き菓子商品です。沖縄風クッキーとも称されるこの焼き菓子にはラード(豚脂)というバターとは違った油脂が使用されていますが、そんなにクセの強い材料ではありません。そして、バターで作った普通のクッキーとそんなに味は変わらず本州の人々にも大人気のため、サーターアンダギー同様に喜んでもらえる商品の一つといえます。

日持ちしないものの海ぶどうも万人受けする

海ぶどうは沖縄の飲食店では、もずく酢と共に一品料理の定番となっています。もずく酢については万人受けする商品とは言い難い一方、海ぶどうに関しては万人受けする食品として知られますが本州のスーパーでは基本的に売っていません。そんな中、沖縄では生の海ぶどうをお土産として買う事ができ、ヘルシーで単価も安いのでこちらも沖縄土産として素晴らしい商品です。ただし、塩漬け商品を除いて常温商品は日持ちが悪いため、渡す際は消費期限もきつちり伝えておく必要があります。

面積の狭い沖縄の旅行は、沖縄本島や主要離島以外ではレンタルバイクやレンタルサイクルがおすすめで、安価に島内を移動できるメリットがあります。